Threads運用入門書 - データ分析者がThreadsリリース初日に1日中触ってみた -

こんにちは、初めましての方は初めまして。


ぱくちゃと申します。


Instagramフォロワー6.5万人のアカウントを運用したり、Twitterでも20代の資産の築き方や機嫌よく生きるコツなんかについて発信していたり、SNSハックが好きでSNSやブログについて発信をしています。

何個アカウントを作ってもある程度フォロワーを増やせる。いわゆるSNS大好き人間ですね。


他にもSNSで活動しているのでこれまでのSNSでの活動実績を簡単に以下にまとめておきます。

・Instagram総フォロワー7万人
・Twitter総フォロワー4.8万人
・Tiktokフォロワー1.4万人
・LINEVOOMフォロワー6,000人
・KADOKAWAからSNS経由で書籍出版
・SNSからのアフィリエイトマネタイズ本業超え
・SNSやブログアフィリエイトが得意です
・低単価のコンテンツ販売も少しやっています
・コンサルティングファームを経歴に経てるので資料作成が大得意です


また、本業もデータサイエンティストのため、SNSのアルゴリズムだったり、マーケティング分析についてはプロだと自負しています。


今回は本日2023年7月6日にローンチされた、Meta社(Instagram/Facebook)の新SNS「Threads(スレッズ)」についてまとめました。

※なお2023/07/07朝時点での情報になります。今後変更が多々あると思いますので、その点のみご承知ください。


そもそもthreadsってなんですか?って話はここでは一切触れないので、公式プレスをお読みください。

公式プレス → テキストでつながる新しいアプリ、「Threads(スレッズ)」をローンチ | Metaについて

本記事では、データサイエンティストでSNSヲタクの僕が、

  • Threadsとはなにか?
  • Threadsでフォロワーを増やすためにはどうしたらいいの?
  • Threadsでお金稼ぎはできそう?

みたいなところについて、徹底的にPDCAを回した結果、ある程度わかったことがあるので、その内容をシェアしたいと思います。

※一個人の考察を含むので、「なるほど、そういう見方もできるんだな」と温かい目で読んでくださると幸いです。


Twitterサービスが改悪されたのを待っていたかのように現れた新SNS 「threads」は今後流行るのか?

そのあたりについても触れていきたいと思うので、ぜひ読み物としてお楽しみください!


リリース初日で把握できた基本情報

Threadsでできること

・動画は5分まで
・文字制限は500字
・画像は10枚まで貼れる
・他の人にメンションができる
・縦動画 / 横動画はそのまま貼れる
・Threadsアイコン / プロフ変更は可能
・再投稿(Twitterでいうリツイート)機能あり
・リンク付き投稿が可能(アイキャッチ付きで)
・画像は長押しで保存できる(Androidは非対応)
・インスタ投稿はリンクコピーでそのままシェア可能
・いいね、リプ、引用スレ(ツイート)はTwitter同様可能
・インスタ垢の数、複数垢の運用は可能(ログアウトの必要あり)
・threads投稿はInstagramに投稿可能(フィード、ストーリーズ)


逆にできないこと

・保存機能がない
・ライブ機能がない
・投稿の編集できない
・インサイトが見れない
・投稿の下書き機能がない
・ストーリーズ機能がない
・ハッシュタグが機能しない
・検索機能はアカウントだけ
・動画尺はスキップできない(Androidは可能)
・タイムラインでフォロワーのみのスレッドを見れない


わかりやすくいうと、Twitter劣化版みたいに思ってもらえればいいです。

Twitterの初日リリースもだいたいこんな感じだったのを懐かしく思います。

これは、私の予想ですが、本来はもう少し機能を追加した状態で初回リリースする予定だったとおもいますが、Twitterの改悪により、このタイミングでのリリースにしたんじゃないかと思います。

今後、アップデートする予定ももちろんあるようなので、このあたりのできないことができるようになると、かなり扱いやすいプラットフォームになるのではないかと予想します。


Threadsでフォロワーを増やす方法


まあ、こういう新しいSNSが出てきたら、みんなフォロワー増やしたくなりますよね。

かくいう僕もすみません。なんやかんやいってフォロワーが増えると嬉しいな、とは思います。ただそういうのをよく思わない人もいますよね。

お金稼ぎはみんなにとって悪だと思われていますから。

まあ、僕からすれば、偽物はどうせすぐに淘汰されるだけだと思っています。本物と偽物を見分けるのはみなさんがしなければいけないことです。

と、まあ前段はこのへんにして、Threadsでどうやってフォロワーを増やせばいいか、お伝えしていきますね。


Threadsでフォロワーを増やす方法

  • Instagramからフォロワーを遷移させる
  • 伸びるジャンルの投稿を行う
  • エンゲージメントを稼ぐ

順番に解決していきますね。


Instagramからフォロワーを遷移させる

今のところ、これが一番手取り早い。

なぜなら、ThreadsはInstagramと連携させることが前提のアプリだから。

なので、Instagramのインフルエンサーの人は、著名人の人に引け劣らないフォロワー数の人々がたくさんいます。


逆にいうと、Twitterのインフルエンサーの人にとってはかなり辛いと思います。

TwitterからThreadsにフォロワーを流している人もいましたが、TwitterとThreadsは言うまでもないく、相性が最も悪いSNSです。

ツイッタラーがTwitterを使う理由は、その匿名性にあります。

匿名で好き放題言える。これが好きでずっとTwitterに居座っている人がたくさんいます。

ノリでThreadsをダウンロードした人もいると思いますが、だいたいの場合、飽きてTwitterに戻っていると思います。Twitterによく居座っている人はThreadsでできない機能で挙げている部分が改善するまではThreadsに参入してこないと予想できます。


なので、現地点では、Instagramでアクティブユーザーを囲っている人がフォロワー数を増やしやすいと言えるでしょう。


伸びるジャンルの投稿を行う


結局一番大切なのは、今のところ「伸びるジャンルの投稿」を行うことだと思われます。

特に、現在Threadsに参画しているユーザーというのは、いわゆるイノベーター、もしくはアーリーアダプターと呼ばれる人たちです。


【イノベーター理論】

吉澤準特|6/1出版『ロジカルシンキングと問題解決の実践講座』 on Twitter: "イノベーター理論 #図解作成の基本(#段階遷移図)  イノベーターは オタクかインフルエンサーか アーリーアダプターは 新しもの好きかヒップスターか アーリーマジョリティは 慎重派かミーハー ...

ここに属する人たちは、他のSNSで手に入る情報には一切ありません。

つまり、現状のThreadsに求められている情報は下記の通りです。

  • 今すぐ使える情報
  • 目新しい情報

これだけなんです。

いやいや、それはわかるけど、それってどういうジャンルなの?って声が聞こえてきそうですね。

これは1日中見ていて、Threads内でフォロワーを伸ばした例のあるジャンルをいくつか列挙しておきます。

  • Threadsに関する情報を発信しているアカウント
  • 今日のご飯にすぐ使える簡単レシピアカウント
  • 初めて見たような目新しい旅行、イベント、グルメアカウント

だから、僕はThreadsハックしています。

逆にいうと、伸びていないアカウントは

  • インテリアアカウント
  • ライフハックアカウント
  • 恋愛アカウント

僕だとこういう感じ

この辺のアカウントは、Twitterにユーザーを多く抱えているので、わざわざThreadsまで見ない印象です。

このあたりの考察も一個人の考察を含みますが、だいたいはあっていると思います。

もちろん例外はあります。インテリアアカウントでも、ファンを多く遷移させて、Instagramと差別化してThreadsを使っているアカウントは伸びています。

ただ、これはThreads内だけで伸ばすという部分に着目した場合だと思ってください。

この傾向は徐々に、イノベーター理論でいう、アーリーアダプター以降の人が参入すると傾向が変わると思いますので、あくまでリリース直後のみに限った話です。


エンゲージメントを稼ぐ

Threadsを作ったアダム・モッセリさんも、Threadsは気軽に繋がれるコミュニケーションを想定したSNSだと発言しておりました。

そのため、下記のようなシグナルにはポジティブに働く傾向があります。

・いいね
・リプライ
・再投稿(いわゆるリツイートのようなもの)
・引用スレ(引用ツイート)
・動画視聴

このあたりを増やすと外部露出しやすい傾向です。


上記の伸びやすいジャンルに関する内容よりも、こちらの方が結局ゆくゆくは大事になってくると思います。

入門書は随時改訂していくか、ある程度アルゴリズムが固まった段階で、このあたりはまた再考察しようと思います。


Threadsでマネタイズはできるのか?

Threadsの利用規約より

利用規約には商業目的での利用は禁止されていると書かれているが、これは誤訳だとのこと。

商業目的となると単純にビジネスをするなと聞こえますね。

とりあえずは直接的にThreadsの中でマネタイズ行為を行うことはやめておくのがよさそうですね。

ただ、Instagramに流したり、LINEに流したりするのはよさそう。これが今のことろよいマーケティング活動と言えるでしょう。


今後Threadsはどうなっていくのか

・アルゴリズムは今のところいいねとリプが強そう。RTはTwitterほど協力ではなさそう。
・AIがユーザーの投稿内容でジャンルをカテゴライズする
・カテゴライズされた分野に興味がある人へ露出していく
・情報リテラシー高めの媒体になる。知識をつける人はさらに知識をつけていきそう
・Twitterを使ってこなかったユーザがテキストベースのSNS(Threads)に多く参戦

正直、この予想は全く意味ないです。

というのも、流行るか流行らないかでいえば、今後のアップデート次第と言えるでしょう。

少なからず、フォロー中のみのタイムラインはマストで作る必要があるでしょう。

僕はいらないですが、多くのユーザーはこの要件を必須と考えるでしょう。

個人的には、Tiktok×Twitterのいいとこ取りをすれば、Twitterを超えるSNSになることもありうると予想できます。

clubhouseのときはそれほど面白さを感じなかったけど、Threadsにはなんだか可能性を感じる。そんなふうに予測しています。

今回は軽い未来予想に留めていますが、AIを業務で扱っている僕の未来予測をもっと聞きたい!

って人はぜひ、Threadsで引用スレしてもらえると嬉しいです。(要望多ければガチ考察します。)


Threads入門編まとめ

まあ、いろいろ言いましたが結局大切なことは下記の2つだと思っています。

  • アクティブに動く
  • 誰に何を伝えてどういう未来を魅せるか

これは、どのSNSでも一緒。

なぜ、あなたのことをフォローしたいのか。それを自分で言語化できれば、自ずとフォロワーは集まります。


ただ、忘れてはいけないこと。

SNSは手段であるという事実。

マネタイズできないからやらない。なんてもったいないですよ。


終わりに

最後に、頑張ってコンテンツ書き上げたので、私についてお伝えさせてください。(1分ください。)

その前にお願い

この記事をたくさんの人に見てもらいたいのでシェア大歓迎です。
Threadsについてはかなりハックして
データ分析の肌感を存分に使いたいので、これからも無料で情報発信します。

正直、コンサルとか高額コンテンツ販売とかそういうのは苦手なので、アフィリエイトで副業しています。

アフィリエイトのノウハウはもちろんコンサル等していません。自分で稼いでます。

ただ、やってよかったことにブログがあるので、ブログの稼ぎ方の一次情報についてはかなりわかりやすく解説したアカウントを作っています。

もちろん、このコンテンツも自作のブログにて投稿しています。


ブログ×Instagramの稼ぎ方アカウントはこちら

こちらのアカウントでは月3万円稼ぐロードマップもInstagramのURLにてプレゼントしています。

ぜひ、アクセスして受け取って見てください。

もちろん、メインアカウントであるお部屋アカウントで当ノウハウを活かしています。

メインアカウントはお部屋づくりに興味ある方がこそっとフォローしてもらえると嬉しいです。


お部屋アカウントはこちら


また、Instagramだけではなく、Twitterでも20代で資産1000万円達成した方法や、生きやすくなる考え方について発信しています。

アイコンはフリーの拾い画です。

賢く生きたい人はこちら


Twiiterマーケティングについては、下記noteのアカウントで今後いろいろとコンテンツ追加していく予定なので、こちらのアカウントにも目を通していただけると嬉しいです。(7/7中にこのブログのnote版も追加する予定です。※内容は変わりません。)

ぱくちゃのTwitterマーケティング垢はこちら



また、このブログ内では、ブログで稼ぐノウハウについてもわかりやすく解説しています。

Instagram×ブログで副業収入を手に入れるまでのロードマップ【完全版】

続きを見る




プレゼントについて

この記事に出会ってくれたみなさんに。プレゼント企画します!


こちらの公式LINEを追加してお待ちください!

→ 登録はこちら


こういうの公式LINEに登録すると、絶対セールスされるじゃん…って思うかもしれないので、先に言っておきます。します。

でも、高額コンテンツを売る気もないです。どっちかというとSNS顧問として、僕を好き勝手使えるようなサブスクサービスをローンチしようかな、と考えています。

(普通絶対こういうこと言わないんですけどね。というか、こういうのすると、LINEでセールスかけてる人に怒られます。そんなことオープンソースの場でいうなと。笑
ただ、別にたくさんの利益を得たいわけでもないし、何か隠すのも嫌ですし、僕のこれまでのThreadsを見て理念に共感してくれた人だけ、お待ちいただければいいかなと。)

具体的には来週にはローンチしようと思っています。興味ある方はこちらのLINEを追加してお待ちください。

→ 登録はこちら


ちなみにですが、今なら期間限定、LINEお友達追加するだけで「ブログ×SNS副業で稼ぐ」ロードマップが特典としてついてきます。

それだけ受け取りたい!って人でも追加するだけでお得な気持ちになります。

ぜひ、お役立ていただければ嬉しいです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




たかがSNS。されどSNS。

みなさんがうまく使いこなせるようになることを祈って。

ぱくちゃ

(Visited 2,091 times, 1 visits today)

© 2024 Pakuchaaa BLOG Powered by AFFINGER5