ビットコインってなに?初心者向けに0からわかりやすく解説!

悩んでる人
ビットコインを初めてみたいけど、そもそもビットコインについてよく理解できていないから始めるのが怖い…

そんな方に向けてビットコインについて0からまとめました。


この記事さえ読んでおけば、ビットコインってなに?
という問題を解決することができます。


難しい表現や単語をできる限りなくしてわかりやすく解説しているので、ぜひ最後まで読んで頂けると嬉しいです。


ビットコインを購入するには、暗号通貨専用の口座を開設し、取引所で取引する必要があります。

おすすめの取引所はコインチェックになります。


コインチェックの口座開設方法はこちらの記事でまとめているので、この機会に開設しておきましょう。

>> コインチェックの口座開設方法まとめはこちら

コインチェックで口座を開設〜購入方法について誰でも簡単に始められる画像解説付き!

続きを見る


仮想通貨ってなに?

仮想通貨は危険?やめとくべき?仮想通貨のメリットとデメリットを解説【LIFULL 不動産クラウドファンディング】

巷でよく聞く言葉、ビットコイン。

実は、ビットコインとは「仮想通貨の総称」ではありません。

逆です。仮想通貨の一種なのです。

つまり、ビットコインのことを理解するために、まずは仮想通貨について知る必要があります。


ビットコインは通信会社でいうドコモやKDDIのようなキャリアと同じようなものです。

通信会社の一つがビットコインみたいなものだと思って貰えばOKです。


もう少し深い話もしましょう。

仮想通貨以外にも、”暗号通貨(暗号資産)”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

ビットコインはこの”暗号通貨”というジャンルに分類されます。

ここでは、単純に”暗号化された通貨”であることだけ覚えておけばOKです。

暗号通貨は、ビットコインとアルトコイン(イーサリアムやリップル)にわけられます。


暗号通貨は、一番初めにお伝えした取引所(コインチェック)で取引を行うことができます。

投資と同じで通貨の売買を行うことができます。


まずはこの程度の知識でいいので、仮想通貨の概要について押さえておきましょう。


ビットコイン誕生の歴史

ビットコインとは?Bitcoinの特徴・仕組み・歴史を解説 | 【BITPoint】ビットポイント【BITPoint】暗号資産(仮想通貨)ビットコイン 取引ならビットポイント

ビットコインは2008年にある匿名の人物がネット上に公開した論文から始まりました。


もう今から10年以上前の話です。


2008年、日本でいうところの2chに「サトシナカモト」と名乗る匿名の人物がある論文を公開しました。

この論文の中身は簡単にいうと、

“お金というものの価値を誰か偉い人が管理するのではなく、みんなでチェック(管理)して保証し合うシステムができたら素晴らしくないか?”

というものを提唱しました。


そして実際にブロックチェーンと呼ばれる技術がこれを実現させたのです。

突然出てきた言葉、ブロックチェーン。

ブロックチェーンとはビットコインを始めとした暗号通貨の根幹を支えているセキュリティ技術のことを言います。


サトシナカモトは論文の中で、

「今の金融システムは平等でないと主張し、限界がきている」と主張しています。

ビットコインは今の金融システムの不平等さを無くすために12年前に生まれました。


ビットコインの特徴

ビットコインとは?仕組みや特徴について購入方法とあわせて初心者にもわかりやすく解説 - Digital Shift Times(デジタル シフト  タイムズ) その変革に勇気と希望を

ビットコインのいいところ点は主に3点です。

①発行枚数が決まっている


ビットコインは金(ゴールド)とものすごく性質が似ています。

ビットコインの発行枚数は2100万枚と決まっており、これ以上に増やすことも減らすこともできません。

金は世の中に23万トンあるのですが、増やすことも減らすこともできないですよね。

だから金は世の中で一番資産価値が高いものになっているんです。

ちなみに僕らが普段使っている円やドルなどの法定通貨は、無限に刷れるので価値は下がることしかありません。

ビットコインをわかりやすく言えば、人気アイドルのライブのチケットのようなものなんです。

ライブのチケットも発行枚数が決まっていて、需要が多いからこそ価値が高くなりますよね。

ビットコインもそれと同じ容量で、発行枚数が決まっていて、欲しい人が増えるほど価値はどんどん上がっていきます。


②特定の管理者や発行者がいない

ビットコイン/仮想通貨投資の始め方は?手順を初心者にもわかりやすく解説 | InvestNavi(インヴェストナビ)

ビットコインは特定の管理者や発行者がいない中でも成り立っている世界初の通貨です。

これを非中央集権と言います。

非中央集権の反対が、中央集権です。

みなが想像できる身近なところだと、銀行がわかりやすいと思います。

銀行は僕らの口座情報等を中央にある母体が全て管理している状態ですよね。

だから中央集権と呼ばれます。

一方で、非中央集権という点については金(ゴールド)も全く同じです。


この、非中央集権のメリットは、破綻のリスクがほぼゼロに近くなることです。


例えば日本円の場合、日本が財政破綻した瞬間に僕らの使っている1万円札はただの紙切れになります。


しかし、金は過去も未来もずっと金であり続けるため、価値が0になる可能性はほぼゼロに近いのです。

同じようにビットコインが無くなる可能性を考えてみると、そんなことはインターネットが無くなった時しか考えられないわけです。

そのときにはビットコインもなくなります。

でもそんな未来想像できないですよね。破綻のリスクがゼロに近いということです。


③送金手数料が安い


ビットコインは世界中どこにいても、どれだけ大きな額でも、送金手数料が数十円から数百円で送ることができます。

取引所からの送金は少し高いですが、今後安くなる動きが見られると予想されます。

一方、銀行の場合、他行に振り込む際、毎度440円の手数料が取られ、土日は送金できず、利用の少ない深夜帯にはなぜか引き出し手数料まで取られてしまいます。

海外送金の場合、10万円の送金でなんと5000円もの手数料がかかります。

日本だと気づかないかもしれませんが、海外ではこういった理由からもビットコインの需要は高まっています。


以上、ビットコインのいいところ3つをお伝えしました。


実際にビットコインを購入する方法については以下の記事でまとめたので、取引の仕方がわからない人は参考にしてください。


>> コインチェックで口座を開設〜購入方法について誰でも簡単に始められる画像解説付き!

コインチェックで口座を開設〜購入方法について誰でも簡単に始められる画像解説付き!

続きを見る


ビットコインの価格推移

ビットコイン価格は近く半分になる...だが、それで終わりではないと著名投資家|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


では次に、ビットコインの価格の推移を見ていきましょう。

ビットコイン(BTC)・仮想通貨の今後の見通しは?価格予想・将来性を徹底解説! | Market α(マーケットアルファ)

現在は半減期ということもあり、一時の最高価格の半分程度を推移しておりますが、仮想通貨初期と比べて、200倍程度の価格となっていることがわかります。


これがどれほどすごいことか見ていたら1発でわかる、ビットコインの価格推移とドルの価値を比較をした面白い画像があったので紹介します。


1ビットコインで買えるものは年々高値になっているというのを表しており、今や1BTC(BTC=ビットコイン)で車が買えるまでに成長しました。

ドルや円では考えられない価値がついていますよね…。

では、このトレンドは今後も続いていくものなのか。みなさん気になるところだと思いますので、次のセクションで今後の価格予想を行います。


今後のビットコイン価格の予想

2023年】ビットコイン(BTC)・仮想通貨は今後どうなる?AI予想などを解説 | お金や生活に関するお役立ちコンテンツ

ビットコインの価格は将来的に1億円を上回ると予想されています。

その理由は、ビットコインがストックフローモデルと呼ばれるモデルの通りに価格推移してきたからです。

  • ストックフローモデル
    供給量に対しビットコインの価格がどうなっていくのかを表したもの
ビットコインが将来1000万円に?ストックフローモデルについてわかりやすく解説

実際、過去の価格推移でもストックフローモデルから大きく外れることはありませんでした。

このストックフローモデルによる予想でいくと、2025年にはビットコインは1BTC=1億円になると予想されています。

0.001BTCだけでももっておくと、10万円手に入れることができるということですね。

夢しかありません…


ビットコインを買うとなぜ儲かるのか

ビットコインは価値の裏付けがない?」 金融大手フィデリティが様々な批判に反論

では、ビットコインを買うとどうやってお金が増えていくのか説明します。

投資初心者の人からするとビットコインを買えばなぜお金が増えるのかわからない方もいるでしょう。


今回はわかりやすくするために、例を元に解説していきます。

例えば現金5万円でビットコインを購入した場合について考えてみましょう。

1BTC=500万円の時に5万円分のビットコインを購入すると、0.01BTCを保有することになります。

その後、ビットコインの価格が1000万円に値上がりしたとしましょう。

そのときあなたが保有しているビットコインの円換算した価値は、0.01BTC×1000万円=10万円になります。

投資額は5万円でも、ビットコインの価値が上がったため10万円に増えたというわけです。


先ほどの価格予測でお話した通り、2025年には1BTCの価格が1億円を超えると言われているので、ここまでは余剰資金ができるたびに投資しておくのをおすすめします。(実際、僕自身この買い方をしています。)

ビットコインの購入は500円からできるので、少額から購入可能です。


口座開設からビットコインの購入方法は別の記事で解説しているのでそちらを参考にして、少額から購入してみましょう。

  • コインチェックの口座開設はこちら
  • ビットコインの購入方法はこちら
コインチェックで口座を開設〜購入方法について誰でも簡単に始められる画像解説付き!

続きを見る


まとめ

ビットコイン イラスト素材 - iStock

今回はビットコインについてわからない人向けにビットコインとは何か解説してきました。


ビットコインについておおよその理解ができたのではないでしょうか。


僕がビットコインを資産運用の一部として運用する際のスタンスは、

  • 買えるときに余剰資金で買う
  • 購入したら2年は何があっても売らない

このルールを忠実に守って運用しています。

2025年までは購入一択で、売ることは一切考えていません。


みなさんも一緒に、ストックフローモデルに則って1BTC=1億円の恩恵を受け取りませんか…?

この機会に少額からでもビットコインの投資を一緒にスタートしましょう!

わからないことがあればインスタのDMまで気軽に聞いてください!

インスタグラムはこちら


最後まで見ていただきありがとうございました☺︎

(Visited 49 times, 1 visits today)

© 2024 Pakuchaaa BLOG Powered by AFFINGER5