【IT系5社内定者】が実際に使っていた!初心者にもおすすめな最強就活サイト6選!

とりあえず、就活はじめなきゃいけないことはわかっているけど、何からはじめたらいいかわからないよ。。。


こんな悩みを解決します。


✔︎ 本記事の内容

就活生におすすめの就活サービスを6つご紹介します。

就活をはじめたはいいけどどこから情報を入手したらいい?

あのときあの情報を手に入れられたらよかったのに。

とならないよう、私が実際に就職活動中に使用していた就活サイトを紹介します。

もちろん全て無料のサービスなので、気になったサイトはチェックしてみてください。


✔︎ 本記事の信頼性


この記事を書いている私は、

・2020年4月現在、社会人2年目、2年前に就職活動

・サマーインターンシップに3社参加

・IT関係企業で5社内定

・第一志望の企業から内定をいただいた地点で就活終了(GW前に内々定)


こんな私が就活中に利用していた就活サイトについてご紹介していこうと思います。

就活初心者にもおすすめの6つの就活サイト・サービス

①マイナビ

言わずと知れた王道サイトです。もう一つ、業界最大手のサイトとして人気なのがリクナビです。

筆者はリクナビもサイト登録しましたが、マイナビの方が使いやすかったため、マイナビを使用していました。

マイナビとリクナビはほとんど同じ情報を発信してくれているので、どちらか一方を登録すればいいと思います。


マイナビで得られる情報は、

・インターンシッププレエントリー : 業界・職種、期間など自身が受けたい条件を入力し、インターンシップを検索することができる

企業からのメッセージ : 企業からのメッセージやスカウトを受けることができる。

・その他 : なんとなく入れてしまう


就活を始めた初期の頃はなにをすればいいかわからない、インターンシップの申し込み方がわからない。

そんな悩みにもぶつかります。マイナビではインターンシップにプレエントリーという形で勝手に登録してくれますので、


就活生
就活生

インターンシップの申し込み方がわからない!!

という方はまずはマイナビに登録しておきましょう。


②ワンキャリア

ワンキャリアももう知らない人は少なくなってきましたね。

ワンキャリアは月間利用者100万人超えの選考情報について多く記載されているサイトです。

実体験の取材による業界やインターンシップの情報を手に入れることができます。

自分の第一志望の会社はどんな選考のフローで、どのような内容を聞かれるのか。

そんな不安を解決することができるサイトになっています。

先輩内定者の実際に選考を突破したESや体験談が7万件も存在するので、ESの書き方に迷っている人はとりあえず登録してのぞいて見ることをおすすめします。


就活生
就活生

ES書きたいけど書けない!テンプレほしい!!

という人はワンキャリアに登録して、自分のESの参考にしてみましょう。


③キャリアチケット

キャリアチケットは就活をまだはじめていない、どんな企業に興味があるかわからない方におすすめです。

就活に対して不安を抱えている就活生と面談を行ったり、ESの書くポイントがわかるセミナーを開催してくれていたりします。

多数の学生を見てきたアドバイザーが、受かるES、GD、面接ノウハウを伝えてくれます。これがまた親切だったので印象がよかったです。

人事目線でフィードバックが得られるため、自分のアピールポイントが響くようになったと感じています。

大手企業のグループ会社、企業向けサービスで高いシェアを誇る安定企業など様々な優良企業 ・多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数 ・早い方は1週間で内定獲得する方もいます。

また会員登録に必要な情報も少なく、簡単に登録が行えます。


まだ始めたばかりでよくわからない方はとりあえずキャリアチケットに登録してみることをおすすめします。

④ユニスタイル

ユニスタイルはワンキャリアと似たようなサイトで、過去の体験談、最新の選考情報、実際に通過したエントリーシートを参考にすることができます。


特にリアルタイムの選考情報が充実しているので、ワンキャリアと差別化を図りながら運用すると非常に有効なサイトとして用いれますね。


就活生
就活生

今の選考情報もし更新されてたらどこでみよう???

という人はユニスタイルに登録して、選考情報にアンテナを貼っておきましょう!


⑤OfferBox

これまでとは違う逆求人型の就活サイトです。

OfferBoxに登録した就活生を企業の人事が見て、気になる人にスカウトメッセージを送るという、新しい就活サービスです。


OfferBoxに登録している企業には、

カゴメ・楽天・DeNA・パナソニックなど有名企業が多数存在します。

オファーをもらうと面談する機会まで繋がり、そのまま内定が出るケースもあります。

OfferBoxに登録する際はプロフィールを充実させることも忘れずに。

プロフィールをしっかり書くだけで、企業からオファーがくるのでまさにここに力入れるしかないですよね。


就活生
就活生

自分にマッチする企業がわからない、、、

そんな人は、自分のプロフィールを評価してくれる企業に興味を持つことも企業を知る第一歩になるかもしれませんね。


⑥キミスカ

OfferBox同様、逆求人型のサイトです。

キミスカが優れている点は、適性検査を受けられる点です。

あなたの性格や傾向をまだしっかりと分析できていないという方は適性検査を受けて、自己分析に繋げることも大事ですね。


就活生
就活生

中小企業も知っておきたい。適性検査を気軽に受けたい。

という人はキミスカに登録!


就活サイトのまとめ

今回は、IT系5社内定した私が実際に使っていた就活サイトについてまとめました。

登録が簡単なものから、逆求人型のサイトであると少しプロフィールの入力にかかる時間が多くなったりもしますが、その分リターンがあったりします。

これらを登録するだけで1日が終わった。そんな1日もありでしょう。

登録すらしていない人だって世の中にはたくさんいます。

情報取得の段階で引けを取らないよう、あなたにあった就活サービスを利用しましょう。


(Visited 191 times, 1 visits today)

© 2024 Pakuchaaa BLOG Powered by AFFINGER5